派遣社員を多く採用することで業務の効率化を図り

正規雇用を減らし、派遣社員を多く採用することで業務の効率化を図り、不況を生き残ろうとする会社があります。正社員よりも増加している派遣の仕事とはどのようなものなのでしょうか。派遣会社は派遣社員として働く職場を斡旋してくれる会社です。もしも派遣の仕事を希望するなら、派遣会社に仕事をあっせんしてもらう手続きをします。派遣社員は正社員ではありませんが、各種保険は派遣会社から入ることができます。未経験の職種にも挑戦しやすく、派遣社員から正社員になれる可能性もあります。時給1200円から2000円が、派遣社員がもらえる給与です。交通費が別に払われるところと、時給の中に交通費が入るところなど、詳細は差があります。派遣会社を探し、登録をするのが派遣になるための第一歩です。過去の職務履歴や、勤務内容に関する条件があれば、提示するといいでしょう。必要な情報を登録したら、派遣会社からの連絡を待ちます。条件の合う求人があれば、派遣会社から連絡が入ります。紹介を受けたら、応募を希望するかどうかの返事をします。書類選考を経て、派遣先企業の方との顔合わせとなります。派遣会社に委ねておけば、働き始めるまでに必要なことはやってもらえます。派遣はいいこともありますが、正規雇用と比較すると不利なこともあります。派遣であれば、ひとつの会社に縛られることなくさまざまな会社を体験できます。時給による計算なのでサービス残業はほとんどありません。けれども、正社員と違って、会社の状況次第で契約が更新されない不安定さもあります。正社員と派遣社員の待遇面での差を理解した上で、派遣の仕事をすることが重要になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ