キャッシングを利用したいという人は増えています

女性でも、キャッシングを利用したいという人は増えています。審査では、仕事をしていない専業主婦は、融資が認められないことが多いようです。キャッシングに関する法律が見直されたため、年収の3分の1以上になるキャッシングの利用は禁止されています。そのため、専業主婦がキャッシングを使うには、配偶者の年収が証明できる書類と、婚姻を証明する書類、配偶者の署名が求められます。女性用のキャッシングから融資を受ける時も同様です。パートやアルバイトで働いており、自分自身の収入がある女性なら、自分の名義だけでキャッシングを利用することが可能です。キャッシング会社によっては、女性でも専業主婦へのキャッシングは無条件で融資を断ることがあります。普通にお金を借りる人より、専業主婦の方が、審査に必要な書類が多く、確認の労力も要します。書類の処理に通常よりもコストがかかってしまうためです。もしも、夫の同意が必要な借り方をするならば、家の中でキャッシングの事実を隠しておくことはできないでしょう。それでも、専業主婦が内緒でキャッシングをしたい時もあります。女性専用のキャッシングではなく、クレジットカードのキャッシング枠を使うという方法があります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ